交換や修理|給湯器が快適な生活の鍵に|劣化したものは早急に取替えっこ
お湯

メニュー

給湯器が快適な生活の鍵に|劣化したものは早急に取替えっこ

交換や修理

給湯器

自宅で使用している給湯器が購入してから10年以上経過しているのでしたら、すでに交換や修理する時期が来ていると考えて間違いないです。一般的に給湯器の寿命は10年から15年ぐらいと言われており、長い間使用しているのでしたら、修理や交換するための費用を捻出して日頃から備えておいた方が得策です。給湯器の故障は突然にやってくるものなので、日頃から給湯器の調子をチェックしておき、使用中に異音や臭いがしないかなど注意をしておきましょう。もし、故障しているのではないかと感じるのでしたら、すぐに業者さんに来てもらうようにしましょう。故障が確認できるようでしたら、修理や交換が必要になってきますので見積を出してもらい、費用を確認してから行うようにしましょう。

一般的に給湯器が故障した場合に交換する場合は給湯器のメーカーや種類、号数などで値段が上下するようになっています。交換するのに掛かる費用は大体10万円〜40万円ぐらいというのが平均的な価格になっています。少しでも安く交換したい場合は複数の業者さんに来てもらい、費用を見比べてみましょう。次に修理する場合ですが、これは故障した箇所によって金額が異なってきます。内部の電子バーコンの故障の場合は数万円ぐらい、異音の原因になる弁の交換などの場合だと数千円ぐらいと見積もっておいた方が良いです。また、10年以上経過している古い給湯器の場合だと、交換可能なパーツの在庫がないという場合も考えられますので、よく考えてから修理か交換するのか決めましょう。